2011年12月30日

おすすめの成功本!!★夢をかなえる象

「成功法則書を読んでも人が成功しないのはなぜか?」

世の中にはこんなに多くの成功法則書、ビジネス書があふれているのに、成功者が増えたという話は聞いたことがありません。

なぜだろう?

ずっと感じていた疑問でした。

そしてこの疑問に対する1つの解答を用意したのが本書です。



主人公は「人生を変えよう」として何かを始めるけど全部三日坊主に終わってしまうサラリーマン。

しかし、ある日突然、彼の目の前にゾウの姿をした奇妙な生き物が現れます。

「ガネーシャ」という名を持つ、インドからやってきたこの神様は、主人公の家にニートとして住みつき、ゲームをしては寝るだけ。

たぶん、史上最悪のメンター(師匠)でしょう。

しかし、ガネーシャはこう言います。

今から自分が出す簡単な課題さえこなしていけば、お前は確実に成功する――。



成功を願う普通のサラリーマンとぐうたら神様ガネーシャ。

この二人が「成功するためにはどうしたらいいか?」「そもそも成功とは?」自己啓発書のメインテーマを、従来とは少し違った形(具体的に言うと、慢才です)で深めていきます。


ぜひ読んでみてください。


「お前なぁ、このままやと2000%成功でけへんで」ダメダメなサラリーマンの前に突然現れた関西弁を喋るゾウの姿をした神様“ガネーシャ”。

成功するために教えられたことは「靴をみがく」とか「コンビニで募金する」とか地味なものばかりで…。

ベストセラー『ウケる技術』の著者が贈る、愛と笑いのファンタジー小説。



この本、かなり面白いです。

笑うところも多々あります。

成功したいサラリーマン、そして成功させるためのゾウの神様。

この本に書いてあることを実際に行動に移し、完璧に行ったとしても、成功させるとは正直思いません。

でも、必ず素晴らしい人間になります。絶対です。心の底からイイ人になれます。

もしかしたらガネーシャは、イイ人になることが、何よりの成功だと教えているのかもしれません。



評判がよすぎるので、逆に「本当か?」と疑って読んでしまった。

始まり方が唐突なので、面食らったが、そのあとは引き込まれるように読み、数時間で読破してしまった。


正直にいって、今まで読んだ成功本の中でもトップクラスのクオリティだと感じた。

内容のよさだけではなく、読み手をひきつける力がこの本にはある。



笑いと教えがバランスよく書かれており、飽きない。

小説としてのおもしろさもありつつ、きちんと成功するための方法が書いてあるのが素晴らしい。

成功をするための「行動」に絞っているところも○。

今までこういった本を読んでも 何も変わらなかった!という人ほど読んでほしい一冊。


誰しもが目標や夢に向かって思いめぐらすものの、それに必要な努力を継続出来ずに挫折した経験を持つだろう。

それに対して自己開発、自己改造等々、数多くの書が出ているが、人はそれぞれ、夢・目標はそれぞれで、心を打つ書はなかなか見当たらない。

本書を読んだからといって、明日から心が入れ替わる、といった劇的なエッセンスが詰まっているわけではない。

但し、そのストーリー性の高さから、自分と主人公を重ねあわせることによって、自分自身を見つめ直すことを容易にしている。

そういうアプローチをする書はこれまで見られなかった。

そういう意味で文句なしに★5つ。

10台、20台にお勧めの書。


夢をかなえるゾウ
(アマゾン)





夢をかなえるゾウ(楽天)

【送料無料】夢をかなえるゾウ

【送料無料】夢をかなえるゾウ
価格:1,680円(税込、送料別)





■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト■■
             ↓
成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト

posted by ホーライ at 02:45| Comment(0) | 成功のための本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成功するためのちょっとした方法●自分の能力をきちんと周囲に伝える

ほとんどの人は控えめで恥ずかしがり屋なので、自分の才能や技術を周囲の人に知らせようとしない。

「何かが得意でも自慢せずに謙虚になれ」としつけられているからだ(特に日本人は)。

中には自分の能力について話そうとせず、誰かが代わりに言ってくれることを期待している人もいる。

就職面接では、この自己アピールがとても重要となる。

特に今後は、日本人以外の人との競争になるので、きっちりと自分の能力を正当に伝える能力が要求される。


「自慢すること」と「自分の能力をありのままに評価して伝えること」の間には大きな違いがある。

あなたのしていることがどちらなのかは、状況によって異なる。

自慢屋は過去の栄光に浸りたがる傾向があり、同じ話を何度も繰り返す。

確かに、過去に大成功したのは事実かもしれない。

しかし、人間にとって大事なのは「今」と「これから」だ。

一方、自分の能力を正確に表現することは、自慢とはまったく違う。

事実を誇張せず、ありのままに述べることは決して間違ってはいない。


分野に関係なく、社会に役立つ才能や技術を持っているなら、恥ずかしがらずにそれを人に知らせるべきだ。

何かがうまくできるかどうかを尋ねられて、うまくできる自信があるなら、「はい、できます」と正直に答えよう。

何に習熟していようと、それを秘密にしておいてはいけない。


【成功する方法】

●自分の能力を話すことは自慢とは違う。

変に隠さず、社会に役立てるためにありのままに人に伝えるべきだ。


夢をかなえるゾウ
(アマゾン)





夢をかなえるゾウ(楽天)

【送料無料】夢をかなえるゾウ

【送料無料】夢をかなえるゾウ
価格:1,680円(税込、送料別)





■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト■■
             ↓
成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト

posted by ホーライ at 02:25| Comment(0) | 成功のための本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超おすすめの成功本!!★「戦う自分」をつくる13の成功戦略

この本のスゴイところは成功戦略を13のカテゴリーに分けたコトと、そのジャンルに適切な著名人の名言を織り込んだコトです。

やはり名言の名言たる所以を感じさせるものばかり。

その一言で全てを表現している名言を適切に引用してあり当たり前のことをしっかりやらなければ成功には至らない事を痛感します。

一つのテーマに様々な名言が数多く盛り込まれているため何か必ずシックるくる名言に出会えます。

そのため所謂「名言集」にありがちな「実は本質が伝わってこない感」も有りません



そばにおいて、何度も読みこめば困難に直面したとき、その言葉が勇気をくれるような気がします。


一言で言うと「燃え上がります」。

戦う自分を作る、という意味で。

セルフモチベーションアップの特効薬。

聖書のように、仕事で困難な局面を迎える度、抜き引きして読む、いう使い方をしています。

常に戦うあなたには、ピッタリの一冊。


人生の目標を定める上で「自分は何者か、どういう人間でどういう存在意義や価値観があるのか」という独自性を知ることが第一歩であり、 「自分の使命は誰かのために生きること」、「自分の人生は世の中のためにある」という最終目的に達するまでの過程が述べられている。

本文に引用されている「一つのことに集中するほど視野が広がっていく」、「復讐に燃えるのは器の小さな人間」、「過去の成功が未来の成功を阻む」、「ビジョンは二度創造される」「勇気の反対は大勢に迎合すること」、監訳者のあとがきの中の「卓越性とは行動でなく習慣である」というのも頷ける。



「この世にかけがえのない人などいない」というのもなるほどそうである。

つまり「自分がいなければ(恋人、家族、会社)はダメになる」というのは思いやりではなく思い上がりであり、「おごり」「たかぶり」でしかないと私は思う。


著者は品格を身につけることを再三説いておられる。

「自分を律する」自制心の大切さはわかるが、やりたくない「やるべきこと」をやる、「正しいこと」をやるという場合、モラルや価値感・基準が個々で異なることに注意が必要である。

その際、他人に義務や正義を強要したり自分を律しすぎないことが大切である。

私なら「やるべきこと」より「夢中になって楽しむこと、喜んでもらえること」、「正しい」ことより「自分がいいと思うこと」を優先してやりたい。


そんなことを考えさせてくれる本です。

20歳代の方にはぜひ、読んで欲しい本です。

きっと人生の指針になってくれるはずです。


すばらしい生き方の原理原則をまとめた本。

著者のマクスウェル氏は、リーダーシップ論の大家だ。

2007年に出版されたこの本(原著"Talent is never enough")で、人は「才能」というより何が必要なのかを、体系的に語っている。

「信念」「情熱」「主体性」「準備」「忍耐力」「品格」など13の成功戦略を提示し、成功者の事例や格言を山ほど引用しながら、説得力のある説明が続く。


個人的には、「主体性」の章で引用されたソクラテスのことば 「世界を動かすには、まず自分を動かさなければならない」や、「忍耐力」の章でのマクスウェル氏のことば「人生は長距離レースではない。本当は短距離レースがいくつも連続しているのだ」 が大事だと思った。

監訳者の渡邊美樹氏による序言とあとがきにも共感。

この本に自らを照らし合わせ、しっかりと生きていきたい。


「戦う自分」をつくる13の成功戦略
(アマゾン)





「戦う自分」をつくる13の成功戦略(楽天)





■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト■■
             ↓
成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト

posted by ホーライ at 02:03| Comment(0) | 成功のための本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

お勧めの成功するための本★誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則

あなたのその人生はリハーサルではない。本番だ。


「人生はこんなもんだ」とどこかであきらめていませんか? 

本書では、アメリカの人気講演家ジム・ドノヴァンが、実践的でシンプルな夢の見方とかなえ方を74章に渡って紹介しています。

あなたも、本書を読むことによって、確実に夢をかなえることができます。


自分で自分をほめる。完璧な人ではなく完璧な自分になる。

自分を成功者と見なす。

今、こう変ると決める。

失敗など存在しないと考える…など、どこからでも読めてすぐに実行できる、74のシンプルなアイデアを紹介。


成功の法則は難しいことではなく、大変シンプルでした。

成功するには、夢を明確にすること。

計画すること。

行動し続けること。

夢を忘れないためには、いつでも目に留まるところに夢を書いたノートや写真を置いておくこと。

ということでしょうか。

 
良い言葉が数多く載っていますが、私が最も影響を受けた言葉は「先延ばししてきたものに、すぐに手をつけよう」でした。

いくら夢や目標を持っていても、それに向かって行動してなければ絵に描いた餅です。

この本に感謝します。

見開き2ページで1テーマを簡潔に説明しています。

テーマを説明するために用いられるたとえ話の例がなかなか粋である。

テンポよく、著者の主張が明快にインプットできる。

何度も繰り返して読める。


何でもそうですが、実行行動が大事ですね。

あらためて思いました。

難しい内容ではなく、簡単にできることばかり。

ただ、自分はどうしたいか、どうなりたいか、 何を求めるのかをはっきりしておかないと「なるほど・・」 で終わってしまいます。

どこからでも読める本です。

1つの項目が見開きで完結しており、文字量も少なめなのでとても読みやすい。

それでいて、ポイントのみがぎゅっと詰め込まれている印象。

「自分を信じる」「感謝の気持ちを持つ」とか、当たり前のことなのについ忘れがちなことが多いことに気づかされる。



1日一回、適当にページを開いて読むだけでも効果十分。

人生を浪費させないために読むべき本ですね。

本当に「誰でもできる」ことばかりです。


誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則
(アマゾン)






 【中古】afb【古本】「誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則」/...(楽天)





■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト■■
             ↓
成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト

posted by ホーライ at 23:06| Comment(0) | 成功のための本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成功するための本★働きがいのある人生 ― 仕事が絶対面白くなる100の法則

会社を辞めた後に、この本を読むのはツライ。

ぜひ会社を辞める前に!

仕事と人生の法則がわかれば、時間と労力の90%を節約できる!

仕事がつまらない人は、年間200日以上つまらない!


ビジネスにおける成功にはすべて、ある種の予測可能な法則やパターンがあることを体験した著者が、勤勉、効率、柔軟性、組織、顧客、差別化、権力など、100の法則をわかりやすく解説する。


メンター、ブライアン・トレーシーによる、人生とビジネスの夢を 実現するバイブル中のバイブルと言えます。

夢をかなえるためのエッセンスが大所高所から細かな日々の 行動習慣にいたるまで、100個に凝縮されている、ある意味、私の中では、著者による本の中でも、決定版になりました。


人生、成功、ビジネス、リーダーシップ、お金、販売、交渉、そして 時間という分類ごとに、それぞれのキモを、テーマごとに2,3ページで核心をつくメッセージ、問いかけがいっぱい。

さまざまな問いかけを読んでいるうちに、気がつくと漫然と暮らしている自分のふがいなさにハッと気がつくと同時に、生き方を見直すさまざまな気付きや価値観の転換点を与えてくれます。



最後で曰く。

「アイデアはたくさん持っているのに何もしない人より、たった一つのアイデアを決断し行動を起こす人の方が、はるかにすぐれた成果 があがる」この言葉が、本書のエッセンスを表しています。

2度、3度、何度も目を通し、己の人生のメンター、 達人の極意とすべき、名著の一つです。


働きがいのある人生 ― 仕事が絶対面白くなる100の法則
(アマゾン)






働きがいのある人生(楽天)

働きがいのある人生

働きがいのある人生
価格:1,575円(税込、送料別)






■■成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト■■
             ↓
成功する方法、成功するコツ、成功する秘訣、成功する法則を紹介するサイト(1)


posted by ホーライ at 22:00| Comment(0) | 成功のための本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。