2013年12月28日

誰でも簡単に成功する考え方(2)●情報を鵜呑みにしない

情報をむやみに信じてはいけない。

特にこんな思い込みには要注意だ。


●「権威者がそう言っている」

権威者が真理を把握しているとは限らないし、権威者の間でも意見はよく食い違う。

権威者の理論はころころ変わる。

権威者の主張には「もしかしたら本当かもしれない」くらいに考えればいい。



●「それを新聞で読んだ。テレビで見た。ラジオで聞いた。」

マスコミの情報の大きな問題は、間違っていることがよくあることだ。

マスコミは事実に基づいて報道しようとはするが、報道内容が正確であるとは限らない。

マスコミの情報については「疑わしい」と考えるといい。



●「信頼する人が、そう言っている。」

いくら尊敬に値する人でも、真理を把握しているかどうかは別問題だ。

人間である以上、自分の信念に反する考え方を受け入れられなくなっていることがある。

そういう人の意見については「根拠はあるだろうか?」と考えてみよう。


言われたことを鵜呑みにするのは愚かな態度である。

あなたにとって最善の方法は、広い視野でものを見ることだ。

真理かどうかを判断するのは急がなくていい。

疑わしい情報に基づいて行動するのは避けたほうが賢明だ。


【誰でも絶対に成功する方法】

真理かどうかがはっきりするまでは、情報を軽はずみに信じてはいけない。
posted by ホーライ at 00:25| Comment(0) | うまくいっている人の考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

「身のまわりの幸福や幸運の断片をしっかり捕まえる

■第一の法則「身のまわりの幸福や幸運の断片をしっかり捕まえる

私たちの周りには「幸福な人」がいます。「あんなふうになれたらいいな」とか、「いつ見ても幸せそうだな」と思わせる人たちです。

悩みや不満のまったく無い人はいません。

どんな人でも、仕事や人間関係に何かしらの悩みを抱えていたり、自分の置かれた状況に不満を感じることがあります。

そして、心がその悩みや不満に占められてしまうと、人間は元気がなくなります。

表情に輝きがなくなったり、笑顔が消えたりします。

でも、「幸福な人」は、いつ会っても表情が耀いているし、笑顔が浮かんでいます。

これは悩みや不満が有っても、そのことに心を惑わされていないということです。

悩みは不満、それ自体は決して幸福の妨げになりません。


もうひとつとても大事なことがあります。

「幸福な人」は、仕事でも勉強でも約束を守ることでも、自分ができることはきちんとやりとげているということです。

しかし、いつも笑顔を絶やさず、周囲に愛想をふりなく人であっても、自分の仕事を放り投げたり、約束を簡単に破ってしまうような人を私たちは「幸福な人」だとは思いません。

その人がどんなに気楽に、あるいは豊かに暮らしているように見えても、私たちはそこに「イヤな感じ」を持ってしまいます。

この「イヤな感じ」というのは、少なくとも「幸福」よりも「不幸」に近いイメージになります。何か不健康なものを感じるのです。


「幸せそうだな」と思わせる人は、そこがまったく違います。

とくべつ愛想をふりまかなくても、あるいは笑顔を滅多に浮かべなくても、

私たちはその人に「いい感じ」を持ちます。この「いい感じ」も「幸福な人」がひとしく備えている大切なイメージなのです。



posted by ホーライ at 02:56| Comment(0) | 幸せになる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。